遺伝子検査のすべてを知ろう!


遺伝子検査の基本知識から医療の応用までを細かく教えてあげる
一般人から技術者まで皆が見て勉強になるメディア

遺伝子検査とは


遺伝子検査と言われると、皆さんは感染症(例:新型コロナウイルス)をPCRで検出したり、自分の遺伝子を解析して将来どの様な病気になりやすいかを予測したりなど、色んな検査が思いつくと思いますが、実はそれぞれ全く異なる検査です。

遺伝子検査は凄く大きな概念であり、用途や技術で分類すると様々あります。そこで、このサイトでは、遺伝子検査の知識が全くない方から、これから検査関連の技術職に勤める駆出し技術者、これから大学や研究施設で分子生物学を勉強または研究をする駆出し研究者まで、皆が分かり易いように、遺伝子検査の全てを解説していきます。

遺伝子検査と他の臨床検査は何が違うの?

遺伝子検査は何種類で、どの様な検査があるの?

遺伝子検査はどういう用途とどういう技術があるの?

最新の遺伝子検査に関する情報が知りたい!


遺伝子検査の分類


遺伝子検査と他の検査

臨床検査は色んな種類があります。その中で遺伝子検査は何が特殊なのか?他の臨床検査とどの様な違いがあるのか?まず遺伝子検査とその他の検査の違いについて解説します。

  • 血液検査
  • 生化学検査
  • 抗体検査
  • 遺伝子検査

用途で分ける遺伝子検査

遺伝子検査は、感染症の検出から、遺伝性疾患の特定、がんの個別化医療における応用、将来の健康状態の予測など様々な用途があり、それぞれ似てるものもあれば全く異なるものもあります。

  • 感染症遺伝子検査
  • がん遺伝子検査
  • 遺伝学的検査
  • 遺伝子解析

技術で分ける遺伝子検査

遺伝子検査では、遺伝子配列を増幅させて検出する技術や、遺伝子配列の並びを解析する更なる高度な技術もあります。遺伝子検査で使われてる様々な分子生物学技術について解説します。

  • PCR法
  • LAMP法
  • G分染法
  • DNAシークエンシング


基本概念解説